デリヘル初心者にはお店のSTAFFより直接説明を受ける場合もある

”デリヘルでは本番は絶対禁止”このことはお店のホームページや貼り紙にも書いてありますし、初めてデリヘルを利用する時にお店側から直接説明を受けたりすることもありますよね。
本番行為は法律違反だということはデリヘル通いが長い方ならもう皆さんご存じだと思います。
まだ初心者の方でも本番は駄目だということはなんとなく知っている方もいるかも知れません。
本番も禁止ということは大事なことなのですが、他にも重大な禁止事項を見落としていませんか?
それは精子の付いた手で女の子のアソコを触ることです!
店側も本番禁止という注意は呼びかけているものの、精子の付いた手でアソコに触れることを禁止と強く言っているお店を殆ど見たことがない気がします。
注意書きがされてないものだからお客さんは禁止だということを知らずについ精子がドロドロに付いた手で手マンなどをしてしまうことがありますが、精子が女の子のアソコに付くということで妊娠させてしまうリスクも高くなってしまうのです。
妊娠だけではなく性病になる可能性もあるので絶対に精子を付けている状態でアソコを触ってはいけません。
もし触りたいのであれば一度手を洗ってから触るようにして下さい。仮に女の子が妊娠してしまった際に責任を取るのはお客さん側です。

さて、話は変わりますがデリヘルになると口内射精がオプション扱いとされていることが多いので、戸惑う方が多くなってしまっています。
ヘルスになると口内射精をしてくれることが非常に多いからこそ、デリヘルでさせてくれないってことが違っていて戸惑います。
そこで知りたい部分としているのが、口内射精を基本としてさせてくれない場合にはどこに射精するのかってことです。
これはそのお店そしてそのデリヘル嬢によって違ってきてしまうので絶対にそうなっているとはいえませんが、手に射精したりタオル等に射精したりが多いです。
手やタオルなら当然デリヘル嬢にとって一番抵抗がない方法としているので、これを基本としている場合が多いんです。
ただ手や体ではない部分に射精することも可能としています。
これはそのデリヘル嬢が許可をしてくれた場合になってしまうのですが、体に射精することが出来ます。
顔は当然ダメとしている場合が多くオプション扱いとされていることが多いのですが、体はオプションではなく基本として出来る場合があります。
これは手などと一緒で特に抵抗ない部分としているのでOKをしてくれる風俗嬢は多いですよ。
デリヘルは素股の場合ならいいですが、フェラをしている時に射精したくなったら必ず言うことが必要としているので覚えておきましょう。